投資信託の魅力って?(2) 1つの会社を選べない人は全部買っちゃおう

2018.08.28

この記事をシェアする

投資信託の魅力って?

(2)1つの会社を選べない人は全部買っちゃおう

日経平均株価(日経225)は、日本を代表する225社の平均株価で、 日本の株価の動向をあらわす指数として、ニュース番組のエンディングなどで 紹介されているので、皆様にも馴染みがあると思います。

2017年の株式市場は好調でした。
日本を代表する225社の昨年(2017年)1年間の株価の成績をみてみると、 225社のうち、約8割の177社プラスになりました。残りの48社マイナスでした。

一番成績が良かった銘柄は、
 東海カーボン 269%UP   例えば10万円投資してたら36万9千円に増えた スゴイ!

逆に、一番成績が悪かった銘柄は、
 SUBARU 25%DOWN   例えば10万円投資してたら7万5千円に減った イタイ...

【参考】SUBARU(スバル自動車)は2017年には、「不正・無資格検査」、「燃費データ書き換え」の不祥事が発覚等により株価を下げました。

『株に投資したいけど、自分の買った株がSUBARUみたいに不祥事が発覚して、すごく損しちゃったらどうしよう・・・・・』という不安はあると思います。


そういう不安が大きい人はどうすればよいでしょうか
1つの答えは、225社の株を全部買っちゃうことです。

そうすれば、成績の悪いSUBARUも成績の良い東海カーボンも買うことになるので、平均的な成績になります。 また、「会社を選ぶ」ことが難しいと思っている人は、その心配もなくなります。

225社の株を1つ1つ買うのではなく、225社をまとめてセットで買う方法があります。
それは、日経225に連動する投資信託を買うことです。
この投資信託を買うことにより、225社すべての株を買うこととほぼ同じ効果を得られます。

ちなみに日経平均株価(日経225)の2017年の成績は、19%UPでした。

次回からは、投資信託のお話を詳しくしていきます。

※本ブログは執筆者の個人的見解に基づいて書かれたものであり、当社の公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。