投資信託の魅力って?(1) 銀行に預金するのと投資するのはどちらがお得?

2018.06.20

この記事をシェアする

投資信託の魅力って?

(1)銀行に預金するのと投資するのはどちらがお得?

  • 大手銀行 通常貯金 金利  0.001%
  • 主要株の予想平均配当利回り(売買単位換算) 約1.90%
  • ※2018/6/19 調査時点の数値

いきなり難しい数値ですみません。

簡単に説明すると、

    100万円を「銀行に預金する」と1年後、 10円 もらえます。
    100万円を「株に投資する」 と1年後、 19,000円 もらえます。
どっちが良いですか?

もちろん「株に投資する」ですよね。
『でも、銀行に預金しておけば100万円は減らないけど、株に投資すると100万円がなくなっちゃったりするかもしれないんでしょ?』 という質問を良く受けます。
確かに、宝くじや、競馬とは違うので、株・投資信託に投資してなくなっちゃう(0円になる)ことはないのですけど、 減っちゃうことはあります。

過去のデータで見てみましょう。
毎年の年初に日経平均(←説明は次回以降)に100万円を投資した場合に、
年末に結果はどうなったかというと・・・・

    過去50年(1968年~2017年)
      上昇した年の回数 33回 最高上昇年 1972年 +92万円
      下落した年の回数 17回 最低下落年 2008年 -42万円
    過去10年(2008年~2017年)
      上昇した年の回数 7回 最高上昇年 2013年 +57万円
      下落した年の回数 3回 最低下落年 2008年 -42万円
    日経平均の数値をISIDフェアネスで加工

『なくなっちゃう』って心配どころか、増えちゃう可能性のが高いです。

でも・・・・『株ですごく損した』という話はよく聞きますよね。
その説明はまた次回に。

参考: 最高上昇年・最低下落年の出来事
 1972年 高度経済成長期(オイルショック前)
 2013年 アベノミクスによる成長
 2008年 リーマンショック

※本ブログは執筆者の個人的見解に基づいて書かれたものであり、当社の公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。