データから見る投資信託<2019年4月データ>

2019.05.13

この記事をシェアする

データから見る投資信託<2019年4月データ>

今月の人気ファンド:純資金流入額TOP10

  • 1位の<ピクテ>ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) は、世界の高配当利回り株に投資
  • 2位の<日興>グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は、先物取引などを活用し、純資産の3倍相当額の投資を行うバランス型ファンド
  •    

    注目ファンド

    ①【今月の上昇ファンド:ブル型】

    <楽天>
    楽天日本株4.3倍ブル  

  • 2019年4月の月間リターン22.1% 全ファンド中トップ
  • 騰落率(3か月)34.3%、騰落率(6か月)-3.4%、騰落率(1年)-19.6%
  • 日々の基準価額の値動きが日本株市場全体の値動きの概ね4.3倍になる
  • 大きく値上がり、大きく値下がりする非常にリスクが大きいファンドであることが分かる

  •      

    ※本ブログは執筆者の個人的見解に基づいて書かれたものであり、当社の公式見解を示すものではありません。 また、情報提供を目的としたものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。
    データから見る投資信託 過去分

この記事をシェアする

次回の記事 前回の記事

コメント

コメントはありません。