投資信託の魅力って?(7) 投資はきっとプラスになるはず・・・

2019.04.16

この記事をシェアする

投資信託の魅力って?

(7)投資はきっとプラスになるはず・・・・

「投資」は、長い期間おこなえば、プラスになるはずです。
「投資」したお金は、企業に融資され、企業はそのお金で、新しい設備を作ったり、新しい技術を研究したりします。 それにより企業は成長し、利益をあげます。
成長が続く限り「投資」したお金は、価値を生み出し利益を上げ、プラスになって戻ってくるはずです。

ただし、1つの企業に投資する場合だと、その企業が経営に失敗して、投資されたお金をムダにしてしまう可能性があります。
それを避けるためには、複数の企業に投資しておけば良いのです。

複数の企業に投資しても、『日本全体が不景気でほとんどの企業が成長しないのでは?』という心配があるなら、米国やヨーロッパの企業、また中国やブラジルなどの新興国の企業など、世界中の企業に投資すれば良いのです。

『リーマンショックのときみたいに、世界的に不景気なときもあるんじゃない?』という人は、1回だけではなく、積立で、長い期間投資すれば良いのです。

世界中が何十年間もの間ずっと不景気が続く・・・・なんて考えられないですよね。
つまり、バランス型に積立で長い期間投資すれば、プラスになるはずなのです。
<バランス型について書いたコラムはこちら>



(おまけ)宝くじ、競馬との違い

宝くじ、競馬いわゆるギャンブルは、皆から集めた金額から、主催者(胴元とも言います)が手数料(控除、テラ銭とも言います)を取って、残りを当選者に分配します。
主催者が取る手数料は、宝くじだと55%くらい、競馬だと20~30%です。

つまり、宝くじ1枚300円だとすると、手数料が165円。残りの135円をみんなで奪い合います。誰かが勝って、誰かが負けます、胴元は儲かります。

投資信託は、買うときの手数料が0円の投資信託があるし、年間の手数料も年1.5%ぐらいが多いです。世の中が成長すれば、みんなが勝てます。

宝くじとか、競馬は、「買う側が望むエンターテイメント」なので、手数料が高いのだと思います。
競馬なら、レースの賞金、競馬場や場外売り場の維持、JRA関係者の給料、テレビのCM料金などなどが 手数料から出ると考えると、そんなに高くないと私は思います。
(競馬場の入場料など、他の収益もあると思いますが・・・・)

投資信託(株式も同じ)は、私たち買う側が望んでいるものというより、 企業が資金を集めるのが主目的であり、エンターテイメントではなく、 世の中の経済が良くなるための仕組みであるため、ギャンブルとは異なるのです。



※本ブログは執筆者の個人的見解に基づいて書かれたものであり、当社の公式見解を示すものではありません。 また、情報提供を目的としたものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。

投資信託の魅力って? 過去の記事へのリンク

この記事をシェアする

次回の記事 前回の記事

コメント