投資ってなんだろう?

2018.06.19

この記事をシェアする

1.投資ってなんだろう?

資に投じると書いて投資

投資とは何か

投資とは、お金をじることである。

とは何か。

(お金)である。

資産とは何か。

(お金)をむものである。

 

「貯蓄から投資へ」というフレーズを聞いたことがありますか?

日本の個人金融資産は1800兆円。米国や欧州と比べると、貯蓄は多いけれど、投資は少ない。政府はなんとか投資に向かわせようとしています。

なぜ、日本人は投資に向かわないのか?私は、日本人の多くが「投資」を正しく理解してないからではないか?と考えています。つまり、「投資」を「投機(ギャンブル)」と混同してしまっているのではないか?

そう、考えています。自分の老後の大切なお金を投機(ギャンブル)に投じるわけにはいきません。

そこで、このブログでは「投資」とは何か。を言葉の意味から読み解き、理解を深めていきたいと思います。

資を投げる?

私が参加した資産運用の会合で、ある方が演壇でこう言いました。

『日本人が投資に向かわないのは、「投資」という字が、資を投げる。と書くからでは?』

専門家である方が、投資という言葉を「資を投げる」と理解していたのだ。と、ビックリしました。

資産運用の専門家でもそうなのですから、日本人の多くの方に誤解があっても仕方がないのかもしれません。

「投資」とはどのような意味でしょう?

投資は「資に投じる」と読みます。資を投げてしまう・・・事ではありません!

言うまでもなく、「投じる」とは、「資金をつぎ込む」という意味です。

次のお金を産むと書いて資産

では、「資」とは何でしょうか?「資」という漢字は、「次の貝(お金)」と書きますね?そうです。「投資」とは、「(今あるお金を)次のお金(資)に投じる」という意味なのです。

次のお金(資)に投じて得るものを「資産」と言います。

「資産」とは、「次の貝(お金)を産む」と書きますね?

資産とは・・

本当にそのような意味で使われているでしょうか?

会社の「資産」と聞くと、みなさんはどのようなものを想像しますか?

会社の立っている土地、建物、工場、機械、コンピュータ、特許・・・等々。

確かに、これら「資産」は、会社の利益(次のお金!)を産むために存在していることがわかりますね。

では、

個人の「資産」と聞くと、どんなものを想像しますか?

土地、家、貯金、絵画、株式、国債・・・。

これら資産も、長期的に保有していると値段が上がり、利益を産む存在になっているようです。

これらがしっかりあることで、安心して過ごせ、毎日が充実し、仕事も楽しく、収入が得られます。

「投資」とは、

「利益(次のお金)を長期に渡って産むもの(資産)に投じる行為」と言えそうです。

つまり投資とは、短期間でなくなってしまう、ギャンブルのようなお金の使い方とは、全く異なるものなのです。

「投資」と聞くと、お金がなくなりそう・・・。と考えてしまう方も多いようです。そのような方の多くは、「投資」と、「投機(宝くじや競馬等などのギャンブル)」が混同してしまっている。と思います。

「投機」との違い

ギャンブルのようなお金の使い方を「投機」と呼びます。

「投機」とは、「機に投じる」という意味です。「機」とは好機到来の「機」。つまりチャンスです。

「投機(ギャンブル)」とは、「機(チャンス)に投じる」という意味になります。

お金をすべて「チャンス」に投じてしまうのですから、大きなお金を得る人もいれば、なくなってしまう人もいます。

「投資」と「投機(ギャンブル)」、この違いは大きいのです。

長期的に保有することで利益を得る行為が「投資」。

機会(チャンス)にお金を使う行為が「投機」です。

その違いをしっかりと理解して頂きたいと思います。

では、少しいじわるな質問です。

株式を購入する行為は「投資」でしょうか?「投機」でしょうか?

長期に渡って保有し、企業が獲得する利益を得たり、企業の成長による株価の上昇で利益を得る場合は「投資」と呼びますが、短期間の株価上昇のチャンスに掛けるような行為は「投機」です。

私がこのブログでお話しする「投資」とは、

長期保有によって、お金を産みだすもの(資産)にお金を投ずることを指します。

みなさんが安心して投資できますように、ブログを続けていきたいと思います。


※本ブログは執筆者の個人的見解に基づいて書かれたものであり、当社の公式見解を示すものではありません。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。