データから見る投資信託<2018年10月データ>

2018.11.08

この記事をシェアする

データから見る投資信託<2018年10月データ>

今月の人気ファンド:純資金流入額TOP10

  • 1位の<AM-One>日経225ノーロードオープンは日経225連動ファンド
  • 先月まで下位だった日経225連動ファンドがTOP30に10本ランクイン 日本株が下落したタイミングで底値を狙って購入された。
  •    

    注目ファンド

    ①【今月の上昇ファンド:VIX指数 相場の先行きに不透明感 】

    <2018年7月データ>②今月の下落ファンドでも紹介しました

    <三菱UFJ国際投信>
    国際のETF VIX短期先物指数  

  • 2018年10月の月間リターン45.3% 全体で投資信託トップ
  • 騰落率(3か月)22.0%、騰落率(6か月)-4.1%、騰落率(1年)12.7%
  • VIX指数とは、「ボラティリティ・インデックス(Volatility Index)を指し、S&P500のオプション取引のボラティリティをもとに算出しています。数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされています。
    今月は相場が大きく下がったので、投資家はに不安を感じてVIX指数が高騰しました。

  •    

    ②【今月の上昇ファンド その2:ブラジル株ファンド】

    <BNYメロン・アセット・マネジメント>
    BNYメロン・ブラジル・インフラ・消費関連株式ファンド  

  • 2018年10月の月間リターン22.3%
  • 世界同時株安の中でブラジル株が上昇
  • 騰落率(3か月)12.2%、騰落率(6か月)1.7%、騰落率(1年)-0.8%


    ※本ブログは執筆者の個人的見解に基づいて書かれたものであり、当社の公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。